9:00~18:00 定休日:水曜日 0120-225-885
家づくり勉強会・相談会のお申込み お問い合わせ

お知らせ・ブログ | 【R+house中野】東京都・中野区|建築家とつくる注文住宅。デザインと性能を両立させ快適で世界に1つだけの家づくり|株式会社 遠山工務店

お知らせ・ブログ

「高断熱」について 【前編】

 

みなさんこんにちは。

R+house中野の遠山です。

 

さて、今回はいよいよ「高断熱」についてのお話。

前にもお話しましたが、

お家を建てた方、建売住宅を購入された方で、

お家の中が「冬寒くて、夏暑い」

そんなお悩みをお持ちの方が、実はとても多いんです。

 

 

ホントに?

と思われた方。

実際に建て方、購入した方に聞いてみてください。

意外と多いですから。

 

でもどうでしょう、みなさん。

よく考えてみてください。

人生で一番高い買物とも言われる「お家」。

そして多くの方が人生で一度きりとも言われるお家づくり。

何千万円も住宅ローンを組んで、支払いは残り35年も…

それなのに、冬寒くて夏暑い、光熱費も高い…

そんなお家になっても良いですか?

 

私は嫌です。

お客様にも住んで欲しくありません。

ですので、住宅性能について

しっかりとお伝えしていきます。

 

 

住宅性能における「高断熱」がどういうものか、

「高断熱」であることのメリット、

そして一般の住宅との違いは、

そんなことをお伝えして行きたいと思います。

 

 

「高断熱」な住宅の特徴は…

 

●住宅の外部と接する部分(外壁・屋根・窓など)から

  熱が伝わらないように、室内と室外をエネルギー的に

 区切ることを「断熱」と言います。

 

●断熱工事によって熱の行き来が少なくなった状態が

 「高断熱」です。

 

●冷暖房効果が高いので、省エネルギー性能が高く環境への

  負担も少ない住宅と言われています。

 

そして「住宅の断熱性は

「Q値」または「UA値」という指標で表されます。

「Q値」とは「熱損失係数」のことです。

住宅の断熱性が高ければ高いほどQ値の数値は小さくなり、

Q値が小さい家=熱が逃げづらい家=冷暖房の効率がよく

省エネ性能が高い家ということになります。

Q値を求める計算式は複雑で、

数値を出すのにかなりの手間がかかります。

 

Q値

= (各部の熱損失量の合計 + 換気による熱損失量の合計) / 延べ床面積

 

建物の中と外の温度を1度と仮定したとき、

1時間あたりどのくらい熱量が建物の中から外へと

逃げてしまうのかを求める計算式です。

 

2013年までは主にこのQ値を用いて住宅の断熱性能を

判断していました。

現在は省エネルギー基準が改正され、

UA値で断熱基準が判断されるようになっています

 

「UA値」とは「外皮平均熱貫流率」と言い、

「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのか」

表す数値です。

具体的には、建物の中と外の温度を1度と仮定した時に、

建物の外へ逃げる時間当たりの熱量を

外皮面積(外皮=天井、壁、床、窓など)の合計で割ったもの。

以下のような数式で求めることができます。

 

UA値 = (各部の熱損失量の合計) / 延べ外皮面積

 

こちらも数値の評価は、値が小さければ小さいほど

断熱性能が高いと判断します。

 

2013年からはQ値に代わってUA値が省エネルギー基準を

達成しているかどうかの基準となっています。

 

計算式まで具体的に理解する必要はないとかなと思います。

ただし、住宅性能を大切に考えている会社さんであれば、

UA値という数値は打ち合わせなどでも耳にすることが

多いと思います。

ですので、概要と目安となる数値だけは

頭に入れておきましょう。

 

それでは、少し長くなってしまったので

概要と目安の数字は次回にお話しします。

お楽しみに。