9:00~18:00 定休日:水曜日 0120-225-885
家づくり勉強会・相談会のお申込み お問い合わせ

お知らせ・ブログ | 【R+house中野】東京都・中野区|建築家とつくる注文住宅。デザインと性能を両立させ快適で世界に1つだけの家づくり|株式会社 遠山工務店

お知らせ・ブログ

日本の住宅寿命

みなさんこんにちは。

R+house中野の遠山です。

 

早速ですが皆さん、日本の住宅の寿命って知っていますか?

平均約30年と言われています。

世界の先進国の中でも非常に短命です。

それでは、世界の住宅の平均寿命はどうかと言うと…

フランスやドイツは60年以上、アメリカは70年以上

なんと、イギリスは80年以上とされています。

全然違いますよね。日本の倍以上の寿命なんです。

 

欧米諸国では、売却時に古い住宅が買った時以上の値段が

付くことは珍しくありません。

一方で日本の家は、資産としての目減りが海外よりはるかに

早いです。

家が建ってから20年も経過すると、建物本体の価値はゼロに

等しく、土地のみの資産しか残りません。

 

欧米の「良いモノを更にケアしていく」という考えかた

 

この根本には、そもそも日本人と欧米の人の住宅に対する

考え方の違いがあります。

質の良い住宅を建て、自分たちでしっかりとメンテナンスをする。

欧米諸国の人たちは、長く住み続けるために購入します。

 

欧米ではリフォーム・修繕にかける費用が日本の倍以上

 

一つの家に長く住み続けることで、家の価値を高めていく

欧米のスタイルが顕著に表れているのが、家の修繕にかける

費用の差です。

住宅投資に占めるリフォームの割合は、2011年時点で

日本が27.9%なのに対して、イギリスは57.3%、

フランスは56.4%、ドイツは76.8%となっており、

日本の倍以上の費用をリフォームにかけていることが分かって

ます。

参照元:国土交通省住宅局 平成25年3月資料

   「第1回 中古住宅の流通促進・活用に関する研究会」

 

 

それではなぜ、日本では修繕・リフォームして住み続けるスタイルが

これまで普及してこなかったのか、

気になりますよね。

 

 

続きは次回のブログでお話します。